So-net無料ブログ作成

チップ部品用に簡易接続版を作ってみました [LCRメーター接続]

スリット隙間に 2枚背中合わせにした、金メッキプリント基板を差し込んで引き出し

電源+ 検出+ と 電源- 検出-  をそれぞれ1本(合計2本)のシールドにして、キャリブレーションしてから、

計ってみますとプローブが中途半端な位置でゼロ(容量)を示しそれより近づいても離れても、

測定値が増えます。

もうちょっと精度を上げたいので プリント基板は中間にガード層を挟んだ3枚構造に変更し、

各線をそれぞれ1本ずつの シールドにして4本構成で試してみます。

結果はしばらくお待ちください。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。