So-net無料ブログ作成

STM8Sディスカバリーで遊ぶ [STM8S]

STM8Sディスカバリー の ST-LINK 部分には STM32F103C8 が使われていて、

これを使って遊ぶのが流行っているようです。

Maiple_mini_bootloader というのがあって 試しに書いてみて、

今回、2種類の接続法が試せましたのでまとめてみました。

1 Flash Loader Demonstrator からのプロテクト解除と書き込み

BOOT1をGNDに繋ぎ、UARTを使って 書き込む方法、UARTのTXは出力なので相手のRX入力に クロス接続します。

sIMG_4059.jpg

sWS000219.JPG

2 ST-LINK Utility からの読み書き(プロテクト解除していないとアクセスできません)

JTAG端子には 4pinは STM_JTCK 5pinは STM_JTMS 8pinは STM_JRST に成っていて、SWD_STLINK の接続 1pinは10k_GND 2pinはT JTCK 3pinは GND 4pinは T JTMS 

SWDの 1pinは普通使わないので 19pinのT JRST に繋ぎ リセットスタートに使うつもりだったんですが、間違えて18pin のT_NRSTに繋いでしまいました、しかしこれでも動作して書き込めます。 

pinを使わないなら T JRSTはSB11 から取ることが出来ます。

本来のリセットなら 7pinのNRST入れると良いはずなんですが、JTAG用端子を使ったのでこれでも動くんでしょうか? NRST入力はC11の所にあります。

sIMG_4056.jpg

sWS000220.JPG

完成して、USBから何かの動作をさせる場合は

STM8SのSTM32F103C8でないと なぜか USB VID PID が0になってしまい 不明なデバイスとしか認識されません。

sIMG_4053.jpg

 

sWS000221.JPG

sWS000222.JPG

WS000224.JPG

ここのところを調査中ですが、まだ探しきれていません。

 

追記 書き忘れていましたが、信号ラインはアクセスする側だけ有れば良く、

後は電源3.3vとGNDが繋がっていればよいのですが、繋がっていなくともUSBハブなどが同じであれば、USBを差すことによってターゲット側と繋がっるので省くことも出来ます。

 


 

 


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。