So-net無料ブログ作成
検索選択

永遠の日本橋マップ

始めて日本橋に出掛けた頃、親父に鉱石ラジオの部品を買って貰った。

10歳頃

 

高島屋別館から南に日本橋3南交差点(あんなに広くはなかった)を越えた辺りから、

堺筋両側に小さな部品屋さん(雑多な)が並び、その内でも大電社、とニッコーが

オムロンとナショナルを専売に兄弟でがんばっていた。

大方の店は五階百貨店当たりで終わり、後は得体の知れない(その時は)店が並んでいたが、

東京真空管商会は今のところにあり、親父さんが亡くなってしばらく閉まっていたが、

甥子さんが継がれたようで、以前の雰囲気のまま残っていた。

デジットは他の方が運営されていた(資本関係は不明、今は恵比寿2丁目のアルキ商会さんをやっておられるようだ)

私がデジット離れをしたのは小柄メガネのマウンテンバイク兄ちゃんが、商売とは云いながらわめき散らす、

BGMをフルボリュームで流す、耳が耐えられなくなり、耳栓をして時折覗く程度になってしまった。

今のシリコンハウス共立はその前三協電子部品だつたかと言う部品屋さんがあり、久門一門の集会所でもあり、

その後「蘇さん」が共立グループを作って、経営は各店に任せておられたそうな?

その中の1人がデジットを管理され、週一の夜行くと売り解配分(だったろうと勝手に思っている)に出くわす事があった。

モウチョット北に行ってイカ亭の横の細い階段を上がるとスーパービデオがあり、電話関係の技術参謀、麻薬取締官(お客)さんなどとお話が出来面白かった。

このころは、バシの半主との云われ、知らないのはモグリだとも云われた時代もあったが、

「自分では特に何もした覚えがない、話は勝手にふくれて行くものと判った、だから本名は絶対に書かない事にしている」

一時恵比寿の近くだったが最近はテクニカル三洋さんのお隣らしい(三協電気さんがやめられて独立したらしい)。

最後に、イズミの丁度真向かい 今は買い取りマックスらしいが、その前に電化店ビルがあり、さらに前には

特殊無線電機というジャンクやさんがあり、NTT三菱電で廃棄された高周波用部品が並べてあり、

売ってる人には判らないが、非常に貴重なものもあった。

店をやめられて、のっぽビルの最上階に仮店を作って、(廃業届済み)訪ねて来る人と、会話をたのしんでおられたような・・ 今はどうされて居られるのか、後の奥さんは若かったので、子供さんもおられたような、余り店には出てこられなかった。


コメント(2) 

最近 ステッピングモータに関するページを読んだ

そこでは小生より頭のよい人滝が沢山居られれのに、結論が違う方向に誘導されてしまい何だか悲しかった。

国内にはこの原理を理解する人たちは数人いると思われるが、それぞれご商売にしておられ、高性能ドライバを販売されています。

ユニポーラは内部並列的に動作するも交互にコイルに電流が流れるため、総合的には√1/2しか電流が流せないが

内部インピーダンスが低い分高速運転が出来る、パワーエレメントが4個組でよい。、

バイポーラは内部が直列に接続されるので電流の効率がよくパワーが大きい反面スピードが遅くなってしまう。

 

基本回路としては直列抵抗電流制限回路と同じ 動作を基本として過渡時に電流たち上がりが遅くなる分、

チョッパ式の方が能率はよいが高周波音に注意が必要です。

 

そう言えば台形波形で動いたなんてのもありますが、ただ動け通いという場合はそれでよいでしょう。

また電流ベクトル配分については、45度ずらしサイン波など有りますが、

実際にはモータ内部の構造で決まってしまい、ディテントトルク(から回し抵抗)の小さいものは、

ほとんどサイン波に近いのですが、大抵の場合は45度付近でトルクベクトル効率が上がるので、

実際には電流を下げた、糸巻き型サイン波形が一番向いているようです、

(実際にはモーター特性にベクトルテーブルを合わせて書き込めば済むことです) 

 

電圧配分と電流波系には大きな違いがあり、45度付近までのPWM波形にはほとんど電流が流れず

その後から急に流れ出します、場合によっては電流オーバで焼いてしまうこともあり、

電流の割に力のでない回路となってしまうことが多いようです。


 

またコイルの逆起電力を吸収するダイオードをコイルに並列に入れてあるのを見かけますが、

パワー素子から見ると逆相側はダイオードの短絡回路を駆動させられているのと同じで、とっても苦しい回路です。

では逆起電力はどう処理するのかというと、その様に設計された回路を目にされているはずです。

 

それとパワー素子はトランジスタではダーリントン回路が使われるか 、電圧効率が悪いので

MOSFETを使うことが多い様です。 

しかしMOSFETは大体12V付近の駆動電圧を必要として (5Vとと言うのもあるが少しきつい)

専用のゲートドライバを必要とします、それにはフォトカプラが(応答時間ばらつきが大きいので選択品が要る)

電流レベルシフタ付きラッチ素子を使います、この場合はデッドバンド制御回路も入っていることが多いようです。

PIC16f1933には必要な周辺回路が入っているようですが、マニュアルを読むだけでも四苦八苦です。

 

 

 


コメント(3) 

続16f1933 と 書籍 picマイコンのナンチャラ の内容 [jalv2_PIC]

picマイコンのナンチャラと言う書籍を買いました。

ADCについてよく読んでみるとVrefの設定に関して1.8v以上でないと精度が確保できないとか、

マニュアル類をよく読んでも電源電圧が1.8v以上で無いと とは読めたんですが 、

Vrefが差が1.8v以上というのが見つからなくて、著者さんにお聞きしました。

(業界では有名な方です)

お返事は3度戴いたんですが、ズバリの項目が書いて無くて、何だか蒟蒻問答のようになってしまいました。

(見ているマニュアルは DS41364D お返事の引き合いに出たのは DS33023A)

サポートサイトの正誤表を何度か見には入ったんですが、特には増えて無くて???です。

 

しかし 16f1933で Vrefを1.024vにすると 8bit 精度しか取れないそうですが、

なぜだか未だに判りません。

それが原因かは分かりませんが、第5章のダウンロードサービスはありません。


コメント(4) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。