So-net無料ブログ作成
検索選択

最近のコードレスマウス [日記]

だいぶ前に買って、1度交換して貰ったんですが、保証も切れたので、

おいたをしてみました。

元は照明LEDはブルーで取ってもピカピアとにぎやかだったんですが、赤のLEDでも感じることが出来るか試してみました。

ブルーLEDは電圧降下が大きく赤LEDは電圧降下は小さいので本当な抵抗に換え無いといけないのですが、

専用ICに直接繋がっていて制御の反対側に抵抗があると思うのですが判らなかったので、

そのままLEDだけを交換しました。

その結果光感度の関係かもっと暗い光方に落ち着き、それでも同じように動作しました。

普通の赤LEDマウスの赤がまぶしいくらい光るのに 、ほとんど見えないくらいです。

sIMG_3866.jpg

実際の感度曲線はどの様になって入るんでしょうね?


日本と中国と「歴史問題」 [日記]

中国人中間層の記事が出ていた。

ドイツが十分に戦後処理をしたのに まだ出来ていないと見られている、

http://news.goo.ne.jp/article/ft/world/ft-20120825-01.html

それは戦争を起こした本人たちが、 戦後も健在であったからとも書いてあった。

春夏秋冬 [日記]

ついこの前やっと冬を過ぎ、春過ぎて、福島が起こり、

やっと不便をしのぎながら暑い夏も過ぎ、朝夕が寒く感じられる秋を迎えようとしています。

思い出してみると、うちに居着いたネコがふらりと居なくなったのが去年の2月、

車のバッテリーを交換していたので、今は相手になれないというと、しばらく顔を見てから、道を上に方にとぼとぼと歩いて行きました。

今思えば最後のお別れを言いに来たと思っています。

今まで飼ったのは犬と小鳥、インコでした。

犬は甘えてばかりで、インコはやはりかまってくれと、呼びかけたり甘えたりと可愛かったのですが、

ネコは(何処でもそうとは思わないですが)うちに居着いたのはおずおずとやってきて、

餌と水を貰うだけでしたが、たまにダニを付けてきて、自分に取れないところのを取ってやると痛かったのか

手を噛みました、しかし型が付くくらいで、傷になることはなく、加減したつもりだったのでしょう。

その後は何が気に入ったのか、そばへ来ては寝ていました。

ネコは犬のようにべったりでなく気散じなところが良かった。

(たまに、ネズミやキジの子を玄関に並べていくのには困りましたが)

さて今年の初夏には福島にもツバメが来て壊れた家の軒先で巣を作っていたそうです。

ツバメはというと いつも同じ相手を選んで番になるそうですが、その場合もあり、

或いは先に見つけた相手と一緒になったり、不幸にも相手が死んでしまったりすると、

違う相手を探したりするそうです。

(育児には2羽居ないと餌を確保できないので1夫1婦になっているようですが、掛け持ちをするオスもいるようで、人間界とも少し似ています)

1シ-ズンで5回くらい営巣し5羽くらいの雛を育て、巣立った雛は

しばらくは近くの電線などに止まりながら段々と飛行練習、餌取り練習をして、南に帰るまでの間体力を付け

寒くなりかけると5回くらいに分けて集団で飛んで帰るそうです。

勘定すると2羽から25羽に増えるはずですが、次の年にやってきて巣を作るのは、同じ位に減ってしまうので、

渡りをする間に(15年くらいの寿命を持つとすると180羽くらいに増えているはず)自然に淘汰され、

生物的能力を維持し続けているようです。

(トリは種類によっては頭の左右を半分ずつ眠りながら、連続して(エネルギーの持つ範囲で)飛び続ける種類もあるそうです。)

地球上にはそれぞれ沢山の動 植物があり、それぞれに見合った生き方をして、次に繋がっていますが、

人間は頭がよい(他にの頭の良い動物はいる)ゆえ、勝手なルールを作り出し、他の人間をそれに従わせ、

それこそ奴隷を作ったり、戦争をしたり、故意に一部が儲かるようなルールを作ったりしています。

人間は以外は母から生まれ母または父母に育てられ、自活できるようになると、親離れをして、新たなサイクルに入り、事故や寿命で死んで行きます。

人間は昔は母が育児をし、父が仕事(自分たちの糧を得る)をして生きていましたが、

いつの間にか狡いことを考え、勝手なルールを作って、他を阻害して、自己に有利に生きるようになりました。

特許を作り、税金を設け、祭りから政治の世界(まつりごと) を作り、呪術師から医者を作り、

人間界の淘汰は自然とは違う姿になって行き、最後はひよわな、人類が生き残って、最後に滅んでしまうでしょう。

人間は 野生動物を飼い慣らし(いわば拉致)都合の良いように改良し

(近親交配もいとわず、この場合優秀な家系か劣悪な家系が生まれやすい、これは人間界でも王族間でも起こっていた、優秀な家系の場合は他の血を混ぜると、劣悪に成りやすいので、よけいに純血を求めた)

人間は生まれて育てられ教育を受け知識を受けながら労働を強制され、働けなくなると、介護を受けながら死んで行く。

現代の日本はその様なシステムを作ったようだが、老人には、それまでの有用なものと、そうでないものとの 記憶があり、

有用なものは次の世代に繋いで行くべきであるが、普通人間はそれらの記録を残さないので、

伝わって行くことが少なく、残っていても後の世代がその有用性を見いだせないなら、それは途絶えてしまう。

いわゆる学者は論文の形で記録を残すので、比較的伝わりやすいが、実際には見向きもされず、埋もれてしまうものも多い。

例えば日本の特許システムはウンと以前の物は電子記録されていなかったので、検索が出来ず、

(電子記録でもFタームという番号で細分はされているがタイトルが違っていたら検索できない)

さて次に示すのは、人間対奴隷動物の関係である。

http://saisyoku.com/pics_killed.htm

これを最後まで読める人間は何人くらいいるだろう?

 


WIN-XP と linuxmint13xfce のデュアルインストール [デュアルインストール]

Winは慣れているのですが、 Limuxとのデュアルインストールは とっても難しいです。

/で始まる、決まりがあるのは判りました。

しかしこれを全部表示させたり、/以下を作ったり(ドライブの目的の所に)

$ に続くコマンドを入れるらしいですが、 操作方法が暗黙の了解的になっていて

さっぱり判りません。

ちなみに xpの パーテーションは スタート、設定、コントロールパネル、管理ツール、コンピュータの管理

で調べ c:16.77GB d:9.77GB e:24.42GB f:4.93GB

はてこれにどの様にインストールするのだろう。

DVDから起動するとしばらく読み込んだ後 LCD画面が グレー クロ の明滅(?)を繰り返し

なにかの画面 (早すぎて読めない) から ブルーのバックに黒いネズミの画像に 成った後

標準のmintの画面になる (各ドライブ類はマウントされていない)

LINUXは xfceにインストールしたいと思っていますが、出来るか判っていません。

 

順番に操作しますと

sIMG_3846.jpg

sIMG_3847.jpg

sIMG_3848.jpg

sIMG_3849.jpg

sIMG_3850.jpg

sIMG_3851.jpg

sIMG_3852.jpg

sIMG_3853.jpg

sIMG_3854.jpg

アップグレードがあったので、やってしまいました・・しかし mete  だったらしく

sIMG_3860.jpg

この様な起動画面になってしまいました、操作しないと自動的に1行が起動しますが、

出来れば1と5の選択まで待ってくれる設定はあるのでしょうか?

5行のうち1と5は起動に必要で残り3行はメンテに必要なようです。

白反転に成った部分より下は 要らないので切り捨てたいのですが、 操作が判りません。


何も判らんのに ubuntu をインストールしようとして [Linux]

結局は上手くいかなかった。


途中でエラーが出たり、インストールできたように見えても、ブート設定が出来なかったり、

最後の決め手、終了の仕方が判らなかったりとさんざんでした。

Web上で調査をするとubuntuは入れやすいが操作がやりにくいと有りましたので、

LinuxMint13 が各種バージョンがあり 何度か入れようとしても進まず、

ダメなのかと思っていましたが 条件の中のメモリーが足りないように思い

どうもメモリーが360MB台しかなかったので128MB を256MBに交換して

合計512MBにしました。

始めは30GBのHDDでしたが 120GBを見つけたので 入れ替えて

xpをインストールしているとXXのファイルがないとでて、スキップばかりしていたら

120GBが死んでしまった。 TV録画用にとって置いた60GBがあったのでそれに入れ替え、

メモリが(256+128)MBで少し少なく、(256+256)に追加した。

512も見つかったので (512+256)に変更した。

デュアルブートが失敗ばかりするので 、PCドクターでメモリーを検査すると ランダムモードでは

80%を超えたらシャットダウンした、どのメモリーなのか特定しようとしたら、

どのメモリーも同じだったので、メモリーではなくインターフェースの方らしい。

仕方がないのでそのままかまわず(512+256)構成にして ubentu のみのインストールに変更した。

(ubuntu)はやめて

Linux Mint13 xfce 

が有りましたので、変更してインストールしますと何とかインストールできたような感じにに成りましたが、

途中で所要が出来て中断、電源ボタンで シャットダウンしました。

 

先ほど、DVDRW を入れて起動しますと 途中でネズミの画像がでて前と違う画像がでました。

その後起動して安定した画面に成ったので、日本語化するため

端末を起動して、

sudo apt-get install ibus
sudo apt-get install anthy
sudo apt-get install ibus-anthy

を実行しました、 簡単に開いてあったので続けて入力するかと思っていると

実際には1行ずつ入力し その後しばらく処理が続き 場合によっては「Y」を入力したりしながら

3度の操作に分かれていました。

全部の操作にはそこそこの時間が掛かります。

sIMG_3807.jpg

その後何度か失敗して、bootセクターの読み込みが上手く行かないようなので

それまでは DVDRW を 使っていたのですが DVD-R に焼き直し もう一度試しますと

boot からドンドンと インストールが進んでいます。

この際、デュアルブートは諦めて LINUX 練習専用機にします、

 

後は無事にインストールが終了し、(スワップ領域?要るのか不明) を待つだけです。

USB からですと早いそうですが、起動が出来なかったので DVDからですと結構時間が掛かります、

 

HDDから起動

sIMG_3827.jpg

FireFox の起動

sIMG_3832.jpg

スクリーンセーバー

sIMG_3822.jpg

左下 の ログアウトから シャットダウンへ

sIMG_3843.jpg

これは練習用ですが 、アプリソフトが充実しないと 進展が期待できません。

 


今日はポンコツF車の修理が終わって、

もらいに行って扱きました。

この車種はリンバーン型の前の8年式ですが、中古で買い結構安くてほとんど故障もなく最近まで来ましたが、

ごく最近タイミングベルトがずれるという悲運に巡り合わせましたメーカ曰く10年を超えたら、痛んでなくとも交換だそうですが、細部まで見たところまったく異常が無く、ベルトカバーがメンテをし易いように3個に分割されて

簡単にメンテできるように考えられていたようです。

しかし実際には3枚をシールするパッキンがふやけて仕舞い、はみ出たゴムパキンがベルトに書き込みVベルトズレを起こして圧縮不良を起こし起動しなくなったようでした。

これはメーカーの想定外の事故でクレームに相当すると思います、8年型は実質ほとんど残って居ないため

リコール対象には成っていない事案ですが、本来なら重大は欠陥に相当する事案です。

これからはリコールが起こるまでに買い換えるという政策が出ている感じがします。

政府は車は早期に買い換え留のが経済発展に寄与する、と考えて中古車の一掃を図り、クレーム問題には目を罪って来たようです。

大型の運送用トラックとは別の評価基準があり、自家用乗用車は早期買い換えに向けてリコール等の緩和がされているのでしょうか?

N社はベルトでは所定の寿命が保てないと判断して(アテーサ)辺りからすべてサイレントチエン型

タイミング駆動に換えていったのは賢明な処置と考えられます。

(なんとフェラーリは軽量化のため、タイミングベルト使い寿命を3年としています)

昔の車はエンジンの隙間から地面が見えるのが普通なくらいエンジンルームには何も付いていませんでしたが、

いつの頃からか自動コントロールが台頭し、上司のカロ-ラがエアアクチェータ型コントロールでゴム管がひび割れしコントロールが出来なく成って始動できなくなったのを修理したことがあります。

また知り合いが買った中古車が(D社3気筒低燃費を誇っていた)希薄燃焼副燃焼室システムを付けたものですが

進角コントロール(バキュームコントロールアドバンサ)がゴム管ヒビで不良になり、ゴム管を切りつめて修理したことが有ります。(プラグの電極が溶ける位に温度が上がる)、

さて今回は少し踏み込むとエンジンストールになるので、原因範囲が広く、

燃料フィルター、ポンプ、エアフロメーター、スロットルセンサー、EGI系統、ISCバルブと有り1個ずつ点検しましたが1気筒ずつ抜いて停止や乱調に成らず、不思議な状態でした。

結論はディストリビュータ内ロータアーム と スロットルセンサーの不良が重なっていたようです、

スロットルセンサー

sIMG_3813.jpg

sIMG_3818.jpg

また、オートもポジションセンサの位置がすこしかたよっているようで Dレンジにしても発進しないことが有ります。

これは先にマーキングをしてから、少し調整してみます。

 

実際に走行してみて各ギアレンジ(オートマ)でも アクセル開度に応じて それなりにほぼ良好な

応答が得られました。

 

 

 


私は? [日記]

私は何なんだろう ・・ 私は時の船 ・・ なにかの拍子に生まれて、

女と交わり ・・ 子供を設け ・・ 次に繋いで行く 遺伝子の運びや ・・ 

時と共に流れ 何処に行く当ても知らず 生まれ 死んで行くだけ。

私の所に来た猫は私をしたい 私を最高の友と思ってくれた 少し前に先に行ってしまった

来世がもしあるなら何よりも、かに合いたいと思う ・・ 永遠等というものはないのが残念。

 

裕福なところに生まれたものは ・・ 始めに多くを与えられ ・・ 

その後の決まりは 幸せとは限らない 。

自力の努力で 回りをけ落とし 或いは支えられ ・・ 時を過ごして行く。

 

浦島伝説のように 一時の幸せを味わっても 最後に残るものは何だろう?

 

俗世界に目を向ければ 人口問題 核の脅威 経済の盛隆 インフレ デフレ

戦争 征服 服従 奴隷 ・・ それらと隔絶された人たち。

 

文明人の基本はロビンソークルーソー 文明を知り それを享受して 運命の悪戯か 孤島に無かれ着いた。

すべての需要と供給は自力で行い ・・ ある時友(或いはでしか奴隷)を得、

襲い来るものを撃退し 最後は文明社会に戻るという ・・

 

古代から生きながらえている種族のうち少数の隔絶さえた 人たちは 個人の 物を持たず

得たものは長老が、均等(出来る限りそう思われれほうほうで)分配し 時を渡ってきた。

 

人類以外に 目を向けると それぞれの種の決まり従って 時を渡ってきた。

 

世界にはびこった人類は それらを 迫害し或いは絶滅させ やがて自らも滅びようとしている。

 

古代からの痕跡や伝説によると ・・ 文明は何度も滅び 生まれてきたとも云う。

 

現代文明は ・・ 呪術を生み ・・ やがて ・・ 医術に取って代わられたが

無駄に 生死の境を 生の側に引き寄せ 人口問題と 淘汰の世界を 消し去ってしまった。

これからの淘汰は 金であり 権力である 持てるものはもっと持とうとし

持たざるものは 糧さえ得るべき手段を 奪われつつある。

やはり今の文明は もうしばらくのうちに滅びることととなろう。

 

以下の文明は様々な技術と金を生み出し (中国人の発明といわれている)

金は紙切れに化け 物資と交換された後も生き残って 貸し付けられ 無から 利子を生む魔物である

物資が消費されたときから 金は無であり 本来価値を持たないはず 

それぞれ形が違うものを仲介するだけの いわば方弁

汚いやり方で集められ 不法な方法で 別の物資を買いたたく ・・ 今回の 地デジバブルは

弾けすぎるのがはやすぎっとも思われているが、どっこい 遅すぎたくらいである

西欧人は  特許を発明し 他を排する 手段を持ち 洋々な発明を盗んで 特許により

我がものとした ・・ 技術は独り占めすべきではない 有用なものは 必要なだけしか作らず

多くを望まないことが 最も重要である

 

大都市を作らず ・・ 小都市を ・・ 連続に並べて そのうちだけで 生きて行けるようにすれば

遠距離運送が要らなくなる

 

コンクリートをやめ ・・ 長いスパンで 成長する 樹木を有効に使い

板切れのように細かく砕くと燃えやすくなり 本来の良さが無くなってしまう

家を造るも個人所有はやめ小単位の複数 共同生活をする

婚姻制度は 富裕層にとっては都合がよいかも知れないが ・・ そもそも富裕層などはあってはならない。

 

次の文明は もっと公平なものであることを望む。


Web-Radio [LAN 内 放送]

こんばんは 百均のハローキティーちゃんのケースに何とか収まりました。

始めは全然受信出来ませんでした。

どうも winamp か iTunes をインストールしないと受信が出来ないようでした。

(実はここがハッキリしません)

判りました、放送局の「URL:PORT」を取得して、プレイリストを作り直す必要があります。

他には 局とURLのリストが 「chlist.bin」か「chlist.txtにセーブロードできて

テキストに変換しますと、編集できます。

http://www.shoutcast.com/

に載っています曲名(128,64bit MP3 を選んで下さい)の、矢印を名前を付けて保存でダウンロードして、テキストエディターで開くと

[playlist]
numberofentries=1
File1=http://188.138.19.96:8110
Title1=(#1 - 1/30) RELAXFM Radio
Length1=-1
Version=2

という具合に開けます。 このうち必要なのは

RELAXFM Radio
http://188.138.19.96:8110  の部分です。

この様に2行の単位で上下逆に並べますと

100単位のプレイリストが出来て、webラジオから聞くことが出来ます。

************************* 

リストは「XX.bin」か「XX.txt」の名前で、1行目はダミー・ファームウエアのバージョンなど、--- をセパレータにして、(スペースはだけの行はエラーになります)曲名がhttp://で始まるのもありますが、15文字を超えるので、お好きな文字列に換えてください。

「XX.bin」か「XX.txt」

BB-Shout ChannelList v1.0  (6)とするとファイルが選択されていませんとなります。
---
Cast.Play.Home (00ch タイトル文字、半角15文字以内、これはLAN内専用局)
http://192.168.0.2:8000/
・                      半角15文字を超えても大丈夫だった

PRO1 RRI DEN  (99ch 半角15文字以内)
http://174.37.16.73:5434/Live
---

の様に100局の登録ができます。

*************************

SETボタンを2回押しダイアルを回してもう一度SETボタンを押すと そのチャンネルアクセス

上手くいくと切れるまでの間受信が出来ます(V1.1) V1.6からは 切れたら再アクセスするようになったらしいです。

上手く繋がると十分きれいなステレオ放送を受信できました。

LANコネクタそばの赤ランプはリクエスト送信ごとに点き、

LCDそばの赤ランプは接続失敗、黄色はハンドシェイク中、緑は受信中を表しています。

sIMG_3797.jpg

http://bb-shout.tristate.ne.jp/bb_link05.html

 chlist11_44.txt

このにある分を編集して組み込むと、選曲が楽になりました。

このイヤホンは

http://www.alpex-web.com/products/?id=1327033601-459864

のカナル型を改造して自分用に合わせたのですが、ダイアフラムが13.5mmと大きく

センターに小さなリベットの重りが有って、絶妙な音色バランスです。

sIMG_3804.jpg

赤のアクセスランプが大きく電流も多いので、小さな緑に換え、電流を減らして(4.3k)、ランプを暗くしたら見やすくなりました。

LCD下の赤と黄色は(2.2k)緑は(4.3k)、実際には4個 全部(3.3k)が最適なようです。

ちなみに Winamp の プレイリストは 何種類かの 形式がありますが、うちでLAN内放送に使っているのは、次のような形式で 「XX.m3u」 名で保存して Winamp 起動時に 自動的にロードするようにしています。

「#EXTM3U
#EXTINF:31,01 preludes, op.28 - 1 in F major
\Program Files\SHOUTcast\MP3\01 preludes, op.28 - 1 in F major.mp3


#EXTINF:103,涼宮ハルヒの憂鬱 God knows ピアノ&バイオリン
\Program Files\SHOUTcast\MP3\涼宮ハルヒの憂鬱 God knows ピアノ&バイオリン.mp3
#EXTINF:-1,(#1 - 387/750) CINEMIX
http://91.121.71.210:8000

一番最後は Winamp  ラジオ局ディレクトリー のリストから 局名を プレイリストにドロップダウンして、リストに加え、保存をしたときに出来る、局の形式です。(#EXTINF: のヘッダで分離されています)

局に接続されますと「Joshua Bell - Ladies in Lavender - Ladies in Lavender」と表示が代わり、リストを保存し直しますと 次のように変化します。

「#EXTINF:-1,Joshua Bell - Ladies in Lavender - Ladies in Lavender  (CINEMIX)
http://91.121.71.210:8000

 


ubuntu-ja-12.04-desktop-i386.iso の iso disk を焼いてみました [Linux-ubuntu]

ubuntu-ja-12.04-desktop-i386.iso をノートパソコンに入れて、

BIOS、SETUP(以前BIOSの入れ替えをしてあり、F2を押すと細かい設定が出てきました)から 

起動順序を FDD DC HDD の順に換えて CDRから起動しますと、壊れたかと思うくらい、

ガチャガチャとCDのアクセス と UBUNTUの表示を付けたり消したりをしばらく繰り返し、

UBUNTUの表示が安定してから、サーモンピンク風の流れるような画面に換わり、最後に

インストール ようこそ

UBUNTUを試す UBUNTUをインストールの画面で止まりました。

コンピュータに変更を加えることなくCDから直接UBUNTUを試すことが出来ます。

もしくは、現在のオペレーティングシステムを消すことなく(或いは書き換えて)

UBUNTUをインストールすることが出来ます。インストールにはそれほど時間が掛かりません。

****************************

と表示されています。

現在の分を消去することなくインストールする方を選んでみます。

インターネットに接続していなかったのでそこのチェックがX に成っていました。

インターネットに接続し了解されたので続行、

WIN-XPと共存する設定で続行、したつもりがUBUNTU を M,WIN-XP-PRO都は別にインストールと表示されました。(チョット思惑から外れ)

SCSI1(0,0,0)(sda)-60GBは

境界をドラッグして領域を割り当てます: とでて、そのままの設定で次に進みますと、

31.6GB と 21.6GB にパーテーションサイズを変更する走査が進んでいます。

終わったところで、パーテーションのためext4 のファイルシステムを作成していますと出ています。

ext4では 専用ソフトがないと Win から見えないですね。

地域は Tokyo ファイルをコピーしています と出ていますが 地域は触れず 続けるボタンも効きません。

この後止まってしまい、HDDをNTFSに変換してから、再挑戦して

あなたの情報を入力して下さいに進んだところです。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。