So-net無料ブログ作成

2011-06-24 [AVR]

attiny861a.とFastavr

こんな組み合わせも有りか?

残念  attiny861a は無いみたいだ。

 


コメント(0) 

AVR HV Rescue Shield と [AVR]

Dragon の関係、

AVR HV Rescue Shield の回路図を書きました。
ソフトは触っていません。
ttp://den-nekonoko.blog.so-net.ne.jp/2009-04-19

Dragonは次ぎに説明書があります。
ttp://support.atmel.no/knowledgebase/avrstudiohelp/mergedProjects/AVRDragon/AVRDragon.htm
このAVR用書き込み器は沢山のデバイスに対応していて、
パラレルやシリアルのHV書き込み、JTAG、ISPにも対応しています。
パラレルの接続は
SCKT3000D3
SCKT3100A3
SCKT3200A2
SCKT3300D3
SCKT3400D1
SCKT3500D-
SCKT3600A1
SCKT3700A1
SCKT244484
と種類があります。

PICはHV書き込みを標準としていて、(最近はLV書き込みも)
2種類の接続でほとんどが書き込めます、(最近の機種は知らず)
この辺にPICファンが居るのかもしれません。

ATTiny2313 の 書き込みチャートを書いてみました。

WS000441.JPG

 

WS000443.JPG


コメント(0) 

arduino の電圧切り替え [AVR]

Arduino 2009 duemilanove の
電源切り替え回路について
WS000275.JPG
簡単に整理しますと、Arduinoとしては5Vの電源が必要。
USBからのVBUSの取れる電源は制限があり、
PchMOSFETの逆導通ダイオード(寄生素子)
を通じて0.7Vくらい低い電圧を引き込み、駆動回路を操作して
PchMOSFETをONにして、
逆方向ながらも低い電圧降下で、5Vを供給する。

外部電源端子が逆流防止ダイオードを経て6.8vの電圧になったとき
LDO-MC33269D-5.0からは5Vが供給され始め
電圧検出回路が動作してH出力(約5V)を出して
PchMOSFETをOFFにして
USB電源回路への逆流を防止します。
電圧測定点が6.6vより下回ると、
電圧検出回路はONになりVUSBからの供給に切り替えます。

しかしこの回路はLM385Dを使ったりしていて、
その動作目的、原理が掴みにくく、諸説あります。
WS000274.JPG
この回路の代案としてICM7555を使い
目的を達することが出きると思われます。
ICM7555は555タイマーのCMOS版で
電圧比較抵抗が5kΩから100kΩへと
変更されていて、尚かつ555の欠点と言われる
電源スルー(一瞬電源とGNDに大きな電流が流れる)
も解決されているそうです。

普通555の素子は入力間系にプラスの信号を入れると
出力にはマイナスの信号が出ます。
この論理でPchMOSFETを駆動するには逆方向となりますが
コントロール端子(変調用などに使う)に信号を加えますと
目的通りの信号論理を得ることが出来ます。

検出基準電圧として5Vを分割した3.28vと1.72vを用い、
検出電圧としては外部に75kΩと内部の100kΩのデパイド電圧
6.8v時3.44vと1.72vで/Thを駆動してHのレベルを得ます。
6.6v時3.28vと1.64vでThを駆動してLのレベルを得、
PchMOSFETをONにしてVBUSからの電流を引き込みます。

WS000272.JPGWS000273.JPG


コメント(0) 

dude-wrap と pic18spx について [AVR]

irukaさん senshuさん kumanさん のやって居られる、
Pic18spx を PIC18F14K50 で作ってみます。
実体に近い回路図を書きました。
これで良いんでしょうか?

電源のアダプタを使わず 、USBバスから取ることが多いので、それしきに出来ると有り難いです。
(PIC18F14K50のI/Oバス動作電圧は 3.3v OR 5v?)
WS000102.JPG

レベル変換 [AVR]

USBレベルを5vに変換して逆方向はUSBレベルに変換する両方向性変換。
トランジスタをデジトラにして少し簡単にしました。
WS000836.JPG
青色LEDにトランジスタを追加して特性を急峻にしました。(2.55vの電
圧源でもあります)
WS000845.JPG
双方向性の検証です。
1回路でも動作しますが、LEDが2回路有ればD+D-をそれぞれ視認出来ます。
この回路の定常状態ではPNP回路はクランプしませんが、トランジェントで飛び出すのを防ぎます。

AT90USBXXX [AVR]

AVR-USBを組み付けてみました。
動作せず?P1010009.JPG
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。