So-net無料ブログ作成
半田鏝 ブログトップ

TQ-77の自動温調回路が完成しました [半田鏝]

基本的にはPX336とほとんど同じにしたんですが、

根本的な違いはPXが4端子ヒータ(うち2端子はセンサ)であるのに対し、

TQ-77は3端子でハイヒータ24Ωとローヒータ240Ωになっていて同じ回路では回路が組めないことです。

ハイヒータをトライアックとフォトライアック(ゼロクロス)はあってもなくても良いが、

外部のイズを考えてゼロクロスタイプにしました。

LM393のコンパレータ をパラ使いにして検出結果をフォトトライアックで絶縁して極性反転し

トライアックを動作させます。

元から電源ネオン管が付いているので切り忘れが無く、トリガ電流で青LEDを点灯させ

現在低温であることも表示させました。

左カバーにはドライバー用穴を開けて温度も加減できます。

不思議なのはトリガSWを押すと何故かLEDも点灯します。

回路を考えてみても、これはどの様な機序で点灯するのか判っていません。

元の鏝で必要な部品は、ネジ4個左右カバー、トリガボタン、同バネ、鏝先キャップ、

切り換えリミットSW、ランプカバーです。

私はランプカバーを紛失してしまいました。

出てきたので取り付けました。

プラスチック板で似たのを作りはめるようにします。

回路図、

WS001199.JPG

内部写真は、場当たり的に取り付けたので、

酷く見苦しい形になってしまいました。

裏に付けた、ゼロクロストライアックフォトカプラ「S2S4-4pin」はオークションで入手しました。

sIMG_0376.jpg

sIMG_0379.jpg

sIMG_0384.jpg

LED回りがきわどい所を通っているので、シュリンクチューブを被せ、トライアックの反対の所に配置してもっと奥から、後ろ窓を照らすように改造します。


コメント(0) 

TQ-77 用の回路を設計してみました。 [半田鏝]

PX-366と同じサイズで取り付けることが出来るんですが、

ヒーターの分離の仕方が違うため、コモン側を統一、

それにはフォトカプラ(トライアック型) で極性を反転分離しなければ成りません。

回路の動作実験をして回路図の何カ所かを変更しました。

WS000917.JPG


コメント(0) 

やはり根性のある PX-336 [半田鏝]

倉庫を探したらgootのPX-336型半田鏝が出てきた。

内部にはゼロスイッチング式トライアック制御回路があり、少し安めのVRが付いていて、

後からもっと上等なのに換えてあった。

外から回せるよう穴があるのに位置が少しずれていた。

内部は70wのヒータをセンサー巻き線が温度を検知して制御するらしい。

常温では96Ω 適温では(少し下がったかも知れない) 286Ωあった。

ひょっとするともっと小さなヒータがありそれをセンサにしてあるのかも知れない。

現在のピストル型は自動温調ではなく少し使いにくいが、ハッコーのものよりワット数が小さい、

(こちらの抵抗は計っていない)

ハッコーのピストル型は20w-130wとペンシル型(プレスト)は同じワット数なので

(ペンシル型は無意識にボタンを押してしまうので平らになるまで削り取ってある)

温度を変えて20wの方を計ってみると 164Ω 580Ωと変化することが判った。

余分な線出しをするか内部に組み込むかは別にしてよく似た回路にしてやると

自動温調鏝に成るかも知れない。

sIMG_0042.jpg

Sとある端子が温度読み取りようです。

また時間を見て回路を読み取ってみます。

 

現在、主に使っている ホーザンの HS-11 

最近のリードフリーには温度が不足していて、

部品穴が小さなグランドパターンとの隙間が小さな基板には付けることが出来ない。

最近T誌とのタイアップM社のUSBオーディオ基板には無理でありました。

(特に設計が悪いとは言わないが、チップ部品とディスクリート部品の区別があるのが疑問が残った。)

には握りの少し前にアルミ製の円盤があり

此に触るとやけどをする、メーカに問い合わせると握りへの伝熱を避けるように

こで放熱してしまうと言うことだが、

構的に弱くならない程度にアルミ部分を切り取ってみた。

この方が指に触ることが無くなって快適である、また元々握りが熱すぎたので

ザラザラの布を巻いてあり少し伝熱が増えても持ちにくいような変化はなかった。

sIMG_0091.jpg

こちらのTQ-77は常温で200から高温で400Ωと変化しました。

PX-366は 両回路が分離していますが TQ-77は3線式になっています。

基板を攣り付けるとしますと約57X24.5位のスペースがあります。

また時間を見て回路を考えてみます、ゼロスイッチングは必要か、PX-336のように時間比例回路は必要かなど。

追記

回路図を起こしてみると、時間比例モードではありませんでした。

それとUPC1701Cは見つけられていません。

sIMG_0114.jpg

TQ-77に内蔵できるユニバーサル基板を 付けてみました。

PX-366とまったく同じサイズですが、TQ-77はヒータが3端子なので

小ヒータ(200Ω)をセンサに使うには大ヒータ(23.5Ω)との間に電源側と反対側の方に接続する必要があり、

フォトライアックで絶縁して信号供給電源側を変換する必要があります 。(高温時約400Ω)

ブリッジで温度変化点を検出して大ヒータのみを制御すればTQ-77をPX-366のようにコントロールすることが出来そうです。

 追記

通電して回路を探っていますとトライアックのT2が断線していました。

取り付け位置を融通してT2を繋ぐと生き返りました。

他の部品も残してあったので、温度調節VRをグレードアップして

外部から回せるように改造してもう一度現役で活躍して貰うことにします。

TQ-77の方はヒーター配線に合った回路を設計して自動温調に改造予定です。

オペアンプかコンパレータ、フォトトライアック、3Aトライアックが主要部品で

他に電源用ダイオード、コンデンサ、 ケミコン、抵抗などが必要です。

 

 

 

 


コメント(0) 

今はもう無い 半田鏝の雄姿 [半田鏝]

以前「Goot」で購入したPX-336ピストル型半田鏝

倉庫から出てきました。

ヒーターは70wで内部にPTR型のセンサーが入っています。

常温で95.5Ω 適温で296Ω

内部にゼロスイッチング式パワーコントローラーが入っていました。

調節VR(2kΩ)が安物で壊れやすい のが欠点です。

これに穴を開けて回せる様にしていました。

最近買ったグット(大洋電機)の半田鏝(TQ-77)は 90w 15w 切り替え

以前買った、白光の(プレスト984) は 130w 20w 切り替え

黄色の押しボタンに触りやすく平面に成るよう切り取ってしまいました。

これらの小さい方のヒーター抵抗値は温度に従って変化します。

これを利用して、温度コントロールは入れられないものでしょうか?

ただいま思案中です。

sIMG_0042.jpg

 


コメント(0) 
半田鏝 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。