So-net無料ブログ作成
検索選択
Linux-ubuntu ブログトップ

ubuntu-ja-12.04-desktop-i386.iso の iso disk を焼いてみました [Linux-ubuntu]

ubuntu-ja-12.04-desktop-i386.iso をノートパソコンに入れて、

BIOS、SETUP(以前BIOSの入れ替えをしてあり、F2を押すと細かい設定が出てきました)から 

起動順序を FDD DC HDD の順に換えて CDRから起動しますと、壊れたかと思うくらい、

ガチャガチャとCDのアクセス と UBUNTUの表示を付けたり消したりをしばらく繰り返し、

UBUNTUの表示が安定してから、サーモンピンク風の流れるような画面に換わり、最後に

インストール ようこそ

UBUNTUを試す UBUNTUをインストールの画面で止まりました。

コンピュータに変更を加えることなくCDから直接UBUNTUを試すことが出来ます。

もしくは、現在のオペレーティングシステムを消すことなく(或いは書き換えて)

UBUNTUをインストールすることが出来ます。インストールにはそれほど時間が掛かりません。

****************************

と表示されています。

現在の分を消去することなくインストールする方を選んでみます。

インターネットに接続していなかったのでそこのチェックがX に成っていました。

インターネットに接続し了解されたので続行、

WIN-XPと共存する設定で続行、したつもりがUBUNTU を M,WIN-XP-PRO都は別にインストールと表示されました。(チョット思惑から外れ)

SCSI1(0,0,0)(sda)-60GBは

境界をドラッグして領域を割り当てます: とでて、そのままの設定で次に進みますと、

31.6GB と 21.6GB にパーテーションサイズを変更する走査が進んでいます。

終わったところで、パーテーションのためext4 のファイルシステムを作成していますと出ています。

ext4では 専用ソフトがないと Win から見えないですね。

地域は Tokyo ファイルをコピーしています と出ていますが 地域は触れず 続けるボタンも効きません。

この後止まってしまい、HDDをNTFSに変換してから、再挑戦して

あなたの情報を入力して下さいに進んだところです。


Linux-ubuntu ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。